忍者ブログ
横浜市緑区中山駅前の美容室のBlogです。営業風景やM3D美髪のお客様写真など交えながら楽しく元気に綴っていきます。
★ADMIN★
  ★ カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  ★ M3D専属モデル

女優リン・チーリンさん
M3D専属イメージモデル

  ★ 最新コメント
[01/09 えび]
[11/10 えび]
[10/22 shin]
[10/18 kamokamo]
[10/08 kaz]
[07/15 えび]
[05/29 ambrosia EBINA]
[05/23 kamokamo]
[05/22 蝦ちゃん]
[04/23 usuiyuu]
  ★ プロフィール
Tiedeur ~Hair Design~
神奈川県横浜市緑区
JR横浜線中山駅
南口徒歩1分
M3Dシステム
髪・肌・自然に優しく・・・
アットホームな美容室です。
  ★ バーコード
  ★ M3Dsite
M3Dシステム公式サイト 【 M3D全国総合販社アピコンプランニング 】
株式会社アクアビジョン 【AQUA VISION】
M3Dサロンコミュニティ
M3Dスポーツウォーター
  ★ アクセス解析
  ★ カウンター
  ★ ブログ内検索
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
★2017/06/28 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2009/08/09 (Sun)
 いつもご覧頂きましてありがとうございます。

先日ご来店頂きましたお客様のkumiさん。

安全なシャンプーをすでにお使いになられています。

ゆるくクセが出ている髪質で毛先15センチにダメージがある状態です。
m3d20090808_2409.jpg

前回のカラーから少し時間が経過していて既染部は、ブラウン系9Lv
新生部に少しある白○も気になる状態です。

へナ or 和漢彩染が気になる技術メニューということで
ご来店頂き、カウンセリングさせて頂きました。

白○の部分と新生部&既染部の色とクセと髪の柔らかさを出すことを検討していき、
最終的には、新生部の白○のケアとM3Dカラーダブルトリートメントで決定!

M3Dカラーの色素の多さを利用して、
白○部分中心に
6N+Or+Gr+3%) M3Dst のミックスカラーをオン。

既染部に
(9N+Sl+3% M3Dst のカラートリートメントをオン。
(50+10+60) 70 

ダブル時に同量。

根元の白○カラー処理している部分へもオンしています。

自然な白○処理をしながら全体の明るさをキープして
赤みを抑えて、髪の硬さをしなやかに変更し、
クセも抑えていけるように施術させて頂きました。

ドライの状態で、髪のボリュームダウンと、
髪のしなやかさが感じられて、
ドライ中楽しかったです。

それでは、本日1回目のM3Dダブルカラートリートメント+の
仕上がり写真です。


キラキラ
m3d20090808_2412.jpg
ビフォーアフターの写真撮影ご協力ありがとうございました。

お時間作っていただき、短期間で続けて頂く事で
もっとしなやかな髪に変身できますので
次回楽しみにお待ちしてます。

それでは、ばぃ・・・・・
おっ! 地震だ・・・・・
長い・・・・・

ほぉっ。
おさまりました。

それでは、(^.^)/~~~
また書きます。
PR
★2009/07/15 (Wed)
 
いつもありがとうございます。


6月の全国講習会で、『レシピ公開して』とのお声を頂きましたので
ちょっと遅くなりましたが、少しUPさせていただきます。

それでは、レシピと共にお客様写真です。

Ayaちゃん
m3d20090708_2209.jpg
ベースは12Lv、新生部2センチ
新生部を14N/n+3%+ST
既染部を12N/n+SL+3%+ST+QCP
リタッチしながらのダブルです。
最後に根元にもかぶせています。


FFさま
m3d20090706_2218.jpg
2月前にM3Dパーマシス。
その後ダブル3回。
今回は、12A+クリア+1.61%+ST+QCPの
ダブルです。
細い髪質と回数で、髪の修復度合いを考慮しているレシピです。


AKさま
m3d20090709_2207.jpg
細い髪質でくせが強くあります。
3回目のダブル。
Ps+3%+ST+QCP
Ps+1.61%+ST+QCPの
コントロールダブルです。


MOさま
m3d20090710_2202.jpg
髪の質がメチャ良いので、
今回2回ですが、シングルで。
ただちょっと部分的に白○が気になるので
6N+4N+Or+4.5%+STで拾い染め。
8N+4N+R+O+G+3%+STでシングル。
先の拾い染め部分に、後半カラートリートメントかぶせての施術です。


HKさま
m3d20090710_2200.jpg
7W間隔で数十回のダブルのお客様
12N+R+P+3%+ST+QCPのダブル。
ご希望により、ベースの色を徐々に明るくしている最中です。


以上。
レシピとお客様PHOTOでした。
詳しい配合は講習などでお会いした時に聞いてください。

お客様のご予算と、髪の質、施術履歴、ダメージレベルで
施術内容を決めさせていただいてます。


撮影ご協力ありがとうございました。

それでは、(^^)/~~~
また書きます。


★2009/05/30 (Sat)

 
本日Newアイテム、M3D1.6%OXが届きましたので、

早速、試してみました。

モデルも急遽お願いして、色の変化と手触り感のチェック開始です。

モデル様のBeforeです。
m3d20090529_1838.jpg
真上から!くせ毛?ヒント

の中、一日お仕事頑張った為にクセが絶好調です。

半月ほど前にカラートリートメント?をされています。
新生部が5mmほどあります。
既染部は5~6Lv程度ですね。

それでは、今回のレシピです。

使用するOXはもちろん 1.6%
1剤は18N/n と 18N
M3Dst 小さじ半分・・・

半分?はんぶん・・・・・
そうです!
上の写真の真上からの撮影の意味は、
2種類のカラー剤を使って違いを 「見て 感じる」 為です。

そんなことに付き合ってくれるモデルさんは
何となくお分かりになると思いますので・・・・ネ。
(ヒントを参考にお考えください。)

右と左で18N/nと18Nで塗布させていただきました。
モデル様には内緒で始めたのですが、
塗布している段階で、「バレていました・・・
でもどっちがどっちとは話さずに進めています。

塗布開始から30分後・・・・・
只今、ゆっこシャンプーで癒され中
m3d20090529_1840.jpg
むむ?ネクタイ?ヒント

ブロードライ終了!
m3d20090529_1841.jpg
色の抜け方は1.6%OXでも半月前のカラーもあると思いますが、
2~3トーン明るくなりました。

襟足のしっかりとした髪の部分も綺麗に明るくなり
全体が同じ色になりましたね~

1.6%OXということもあって、
左右の色の違いはハッキリとは確認できませんでした。
退色段階で違いが出るかもしてませんので、
彼が訪問した時にでも確認してください
訪問?ヒント

触った感触は、18N/nで施術したほうが柔らかく仕上がりました。
それも、訪問した際に確認してください


ついでですので、
白髪の毛束を使用して18N/n+6%OXで30分放置したものを
UPします。
m3d20090529_1888.jpgm3d20090529_1889.jpg
ヤクの毛です。
うすくですが、クリーム色がかった感じのする毛束ですが、
18N/nで処理した部分の白が際立った感じです。

N/n と ミックスカラーの配合を探っていけば
メチャ綺麗な色を表現できるのではないでしょうかね

楽しみです

先日のブログでのAyaちゃんもN/n+SLでのダブルで
透明感のある綺麗な色に仕上がっています。
m3d20090525_1804.jpg


こちらのお客様もN/n+R+Pダブルで
m3d20090528_1847.jpg
ツヤツヤです

以上、1.6%OXとN/nの勉強でした。

それでは、また書きます
(^^)/~~~

Ps.
m3d20090529_1842.jpg
今回の様子は、たぶん自分のブログで書かれると思います。
ブログ?ヒント

モデルありがとうございました。
雨で路面が滑りますので
青い稲妻気をつけてくださいね。
青い稲妻?ヒント
 

以上です。

 

★2009/05/09 (Sat)

 
横浜は、夕方になってから
久しぶりに青空になりました。

今は綺麗なお月様が出ています

さて、今回は、常連メンズのお客様にご協力いただきました。

今までに、沢山のカラー剤を試されています。

先日発売になったM3Dミックスカラーにイエローがありますので
アプローチ!

快諾していただいて色味ミーティング
『嬉しいですね~』

一緒に考えて作り出す色
『楽しいですね~』

色ミックスは、お客様に選んで頂いて
配合のバランスだけとらさせて頂ました。

白髪もあるので、隠しながら尚且つ既染部の明るさを下げないように・・・
お互いに「ノリノリ」で色味を考えちゃいました。

もちろん新色のイエローをベースにです
Beforeはこんな感じ
m3d20090504_1688.jpg


選び出された色は
8BE+6N+イエロー
混ぜるとこんな感じです。
抹茶色
m3d20090504_1689.jpg
この1剤に6%OXでオリジナルカラー完成です。


前処理はQCPとM3DStでしっかりとしてから新生部に塗布。

根元に色が入ったことを確認して
M3DStを既染部にたっぷり噴霧(ショートなので20g)
根元の薬剤をコームスルーして全体に馴染ませ5分
当店ではこのやり方をミネラル20とかミネラル30というメニュー展開しています。

さてさて、仕上がりは、
こんな感じです。
m3d20090504_1691.jpg
白髪にも色が入り、黒髪も明るく染まっていますね。
ハンドドライで簡単に仕上げていますが、
しっとりとした質感も感じられます。


フラッシュあてればもちろん輝きます。
m3d20090504_1690.jpg
明るさも下がらず、白髪も目立たなく
質感も、今までに無いくらい
柔らかくしなやかな指通りになりました。

次回ご来店の時に、退色具合や、
質感を確認させて頂ます。
そこから、またいっしょにレシピ考えていきましょ~

ご協力ありがとうございました。
楽しかったです。

それでは、また書きます。
(^^)/~~~

ps.
月があまりにも綺麗だったので
とお~まわりしてか~えろ~
じゃ無くて
デジカメで撮影してみました。
デジカメ単体だとこんなもんなんですね。
20090508_1707.jpg
なんだかわからんですね。
ほとんど月です・・・

望遠鏡で撮影してみたいです。


 

★2009/04/19 (Sun)

本日は、講習会の場やメールで、
頑張ってらっしゃる、M3Dサロンの方から、
ご質問いただくことの多い、ハーブ系カラー(ノンアルカリ)での
M3D技術を公開させていただきます。

やり方はいくつも考えられますので、
うちではちがうな~
と、思っても、お客様が満足されて良い結果となっていれば
それで、OKですので、ご参考までにお願いします。

それでは、ほんの一例を書かせていただきます。
アシスタントも悩まず、シンプルに結果の出やすいやり方を載せますね。

まずは、Before
m3d20090416_1499.jpg
前回(8日前)はブリーチ毛の部分を左右でレシピを変えてレッド系で
ダブルをしていますが、やはり色が退色してきています。
M3Dシャンプーコンディショナーを使っていますので
ダメージが進行している感じは無く
退色だけ気になる程度です。


モデルの希望もあり6レベルまでトーンダウンしながら
髪質を改善していく為、トリートメントよりのハーブカラーを施したいと思います。
選んだ薬剤は 和漢彩染カラー
色は、BB7+オレンジマーマレード+グリーンシャワーです。
配合は、30g+6g+6g
海洋深層ミネラル水126g(温めのお湯)
M3Dst21g
しっかりと混ぜ合わせ冷まします。

比率は
カラー剤+水+M3Dst
 1+3+0.5
です。
M3Dミネラルが入ると水で溶くよりも柔らかくなります。
加温で液ダレをしない程度の配合です。


通常白髪に染めるときはBB7ではうっすらとしか染まりませんが
ダメージ毛にはしっかりと入り込みますので
オレンジとグリーンで明るめのブラウンを作り、
混ぜあわせることで柔らかい質感を狙っています。
沈みすぎることも無いと判断して決定しています。


M3Dシャンプーで洗い
前処理としては地肌にQCP
髪にM3Dstをたっぷり20g
5分程度自然に放置します。
(この間を利用して薬剤調合)

水でキューティクルを開かせ、更にM3DstのpHで開くキューティクルも狙い
たんぱく質の補充も狙っています。
施術前の放置時間も大切になると考えています。
(実際、触ってみると芯のある柔らかくしっとりとした髪に変化します。)

放置状態です。
m3d20090416_1500.jpg
乾いてしまうようであれば、更にM3Dstを補給します。

薬剤を全体に塗布し、無理なコームスルーなど一切無しで
やさしく塗布してください。
ラップをかけて、15分間加温します。
その間、ウルトラマン体操をします。
(ホントカ?)
m3d20090416_1502.jpg


続いてクーリング10分
QCPを20g噴霧して全体に馴染ませます。
M3Dミネラルが入っていると柔らかくゴワツキが無い状態で
施術できます。
m3d20090416_1503.jpg

シャンプー後
暗くなりすぎずにトーンダウン成功しました。
m3d20090416_1504.jpg
柔らかさのある中にハリも感じられる状態です。

ブロー仕上げでもOKですが、
ストレートアイロンで優しく熱入れをして
完成です。
m3d20090416_1506.jpg
注意してほしいのですが、
アイロンでデザイン作る為に
握りこんだり、ねじったりしないでくださいね。
あくまでも熱でM3Dミネラルを働かせるためです。

180度の熱入れをしても
弱ったブリーチ毛もしっとりとしていて
毛先の色飛びもありません。
M3Dミネラルを合計50g以上使用しての施術ですので
シングルトリートメントと同等の量ですね。

アルカリカラーによる反応を利用できない分
加温することで色素といっしょにM3Dミネラルも髪内部に連れ込んで
もらえると思いますので、今までの和漢の施術方法から
一歩踏み込んでみたい方はご参考になさってください。

和漢彩染カラーでのM3D施術を選ぶポイントは
アルカリによる反応がだめな方(地肌につけないようにも大切)
過酸化水素に反応してしまう方
細い髪質でハリのほしい方
アルカリカラーだと軟化しすぎてしまう髪質の方
傷みすぎて退色の激しい方
などですね。
ジアミンの入っているカラー剤ですのでしっかりとカウンセリングしてください。

最後に
応用技術ですので、本部講習会や各県エリア講師による
フォロー講習会でしっかりと基本技術を習得した上で
お客様には施術なさってくださいね。
各県の講師またはリーディングサロンは毎月勉強しています。
最新情報も持っていますので、一緒にM3D技術レベルを高めて
行けたら嬉しいですね。

それでは、(^^)/~~~
また書きます。

ps.
モデルはスタッフ ゆっこですので、実際の髪をご覧になりたい方は
講習会の席にでもお声がけください。
快く頭差し出します。

と、勝手に書いておく。
モデルありがとね

忍者ブログ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao